<沿岸支部>
〒027-0076 宮古市栄町2-5 カリヤビル1F (有)みやこ不動産内
TEL 0193-62-5225/FAX 0193-62-5805

第1回研修会・忘年会を開催

 令和元年度第1回研修会を12月7日(土)午後4時45分よりホテルサンルート釜石において開催しました。テーマは『相続人の確定と基礎控除の計算方法』で、講師は当会員の(有)コパエースの代表 野田忠幸氏にお願いし、より実務的な研修内容となりました。1、2回では勉強が足りないので次回もお願いしたいとの声があがっていました。その後、6時30分から忘年会を開催しました。来年度の民法改正の対応の話しに熱が入り、いつ研修会を開くか話し合いました。契約書の書式に関しても、勉強会が必要との意見が多かったです。

①1回研修会2019.jpg

 

不動産フェアを開催

 9月22日(日)に「不動産の日」恒例の不動産フェアを釜石市にて開催いたしました。釜石・宮古エリアの沿岸支部では、毎年会場を交互に開催し今年の会場はイオンタウン釜石で行いました。ハトマーク入りタオル・ポケットティッシュ・講演会の広告を配付しPR活動に努め、その後第一部に「基礎から学ぶ相続税」と題して、辻・本郷税理士法人 相続センター長 新田敏彦氏を講師にお招きし、現在多くの方々が人生の大きなテーマとして取り組んでいかなければならない相続問題(副題※知って備える不動産相続)について講演をしていただきました。大切なお客様や常日頃よりお世話になっておりますオーナー様をはじめ、一般の方々など総勢25名の参加となりました。又、第2部では不動産取引に関する相談会を開催し、5名ほどのお客様より相続の講演内容から、所有の資産運用に関し様々な問題点などの質問がありました。後日、参加された方々より大変参考になりましたとご連絡やお礼状を頂きました。本来、我々不動産業界の大きな役割は、お客様の命の次に大切な財産を如何に有効活用し、また相続問題を含め次の世代に受け継いでいけるかを、大きな使命として取り組んでいかなければなりません。これからも日々研鑽を積み地域社会に貢献しながら、お客様と共に「今も生き・将来も生きて行く」中で、不動産業を営む者の果たすべき役割を再度見直す良い機会となりました。

2.写真.jpg3.写真.jpg

協議会開催

 4月26日(金)ホテルサンルート釜石において、出席者14名のもと、協議会が開催されました。平成30年度の事業・決算並びに平成31年度の事業計画・収支予算の報告を行いました。懇親会は昼食会とし新入会員3社を紹介して昼食をとりながら交流を深めることができました。今年度の事業活動の内容等についての意見交換がなされました。また、本部会館のあり方についても話し合いました。

H31協議会①.jpgH31協議会②.jpg

第2回研修会・忘年会を開催!

 平成30年度第2回研修会を12月8日(土)午後5時より浄土ヶ浜パークホテルにおいて開催しました。テーマは『相続の基礎と相続放棄』で、講師は当会員の(有)コパエースの代表 野田忠幸氏にお願いしました。大変忙しいなか、本に有るような一般的な相続についてではない、一歩踏み込んだ研修でした。会員はなかなか良かったので、またお願いしたいとの事でした。その後、6時45分から忘年会を開催し、相続の話に花が咲きました。復興事業も終盤に入り沿岸の経済も縮小に向うため、当会の今後についても話し合いました。

2回研修会2018③.jpg忘年会2018②.jpg

研修旅行を開催

 10月18日~20日にかけて山陰地方へ研修旅行に行って来ました。

 総勢10名が仕事の合間を縫っての旅行なので、結構きつい日程のため、花巻空港→小牧空港→「出雲きたろう空港」へ。

 途中、サブリースで何かと物議を醸している「○○建託」さんの営業実態のリポートで勉強会、新人さんは「こんな実態があるのかぁ」、ベテラン勢は「まだ改善されていないのかなぁ」との感想が聞かれました。

 総じて、今後とも同社の動向を注視しなければ、という結論でした。

 観光は松江城、宍道湖、小泉八雲記念館、水木しげるロード、足立美術館、そして出雲大社(「いづもおおやしろ」)とてんこ盛り、城の階段の昇降では日頃の鍛錬が必要であることが身に染みました。

 また、観光資源の計画的保護や効果的な展示手法に感心して参りました。

 不動産で財を成した足立全康氏の造った足立美術館では、同じく不動産を扱う一員として憧れに似た思いがしました。

 最終日の出雲大社は、時間をたっぷり使って隅々を巡り、パワースポットにも足を運びました。これからの商売に大いに御利益があると信じております。

131 沿岸支部 研修旅行1.jpg

131 沿岸支部 研修旅行2.jpg

不動産フェアを開催

 ✽開催日  平成30年9月22日(土)     

 ✽時 間  午後1時30分から4時まで

 ✽場 所  シートピアなあど 研修ホール(2F)

 ✽内 容  ・タオル、ポケットティッシュの配付

 ・講演会開催及び沿岸支部会員の広告チラシ(新聞折込)配布  

 ・講演会     

 ・不動産に関する無料相談会     

 今回の不動産フェアは、釜石と宮古と一緒に宮古会場で開催しました。

 前回までは別々に行っていたせいかお客様と会員の集りが良くなかったので、話し合いの上、同一会場となりました。

 講演会出席者は20名で、『賃貸経営入門講座』と題して、日本住宅㈱盛岡支店 副支店長 佐藤長英氏より熱く語っていただきました。

 また、不動産無料相談者は4名でした。そのうちの2人は高齢者による相談でした。

 これから資産をどのように処分した方が良いか?相続はどのような考えをもったら良いか…など。難しい時代に入った感じがした。これからもっと増えるだろう。

131 沿岸支部 フェア1.jpg

131 沿岸支部 フェア2.jpg

 

第1回研修会及び交流会を開催

 平成30年度第1回研修会を6月21日(木)に『ホテルサンルート釜石』において開催しました。

 今年2月に開催された本部主催のDVDによる画像研修と同じ内容ですが、沿岸支部会員への宅建業法改正の周知を図るため行うことになりました。

 宅建業法の改正に伴い、今後の瑕疵についての考え方、リノベーションの動向と既存住宅取引における宅建業者の業務ポイント等、2時間の研修でした。

 研修会の前に、昼食をとりながらの会員の交流会を行いました。

130 沿岸支部①.jpg

130 沿岸支部②.jpg

支部協議会開催

 沿岸支部では4月26日(木)宮古の浄土ヶ浜パークホテルにおいて、平成30年度支部協議会を開催しました。

 今回は、役員の改選期のため幹事会を11時から行い、その後協議会に入りました。

 出席者は少なかったが活発な意見交換ができました。新年度の事業計画及び予算もスムーズに進行し、新役員も承認され、懇親会も和やかなうちに終了しました。

129 H30支部協議会①.jpg

129 H30支部協議会②.jpg

129 H30支部協議会③.jpg

 

幹事会・新年賀詞交換会を開催

<第3回幹事会を開催>

 1月27日(土)午後5時30分より、ホテルサンルート釜石において幹事会を開催し、次年度の事業計画と予算について審議しました。

<新年賀詞交歓会を開催>

 沿岸支部新年賀詞交歓会は1月27日(土)に釜石会場のホテルサンルートで開催されました。

 今年は寒いせいかインフルエンザで欠席者が多く10名だけの参加者でした。

 業法の一部改正の話しで盛り上がり、皆は仕事量が増えるので不安顔でした。まだ、何がどう変わるのかわからないので早急にインスペクションと合せ既存住宅売買瑕疵保険等についての勉強会を行うことにしました。

 新入会員の開伸不動産の紹介をしたり、7年となる津波後のそれぞれの地区の復興状況を話し、また今後の不動産業について話し、有意義なひとときでした。

128 沿岸支部 (1).jpg

 

128 沿岸支部 (2).jpg

 

128 沿岸支部 (3).jpg

128 沿岸支部 (4).jpg

 

不動産フェア開催

<釜石会場>

・不動産相談会 10:00~16:00 相談者/5名

・講演 13:30~15:00

「賃貸経営入門講座」

講師/日本住宅常務執行役員 北上支店長 野坂慶二郎 氏

参加者/25名

 

開始に先立って、チラシ・ティッシュの配布を行った。

 

・不動産相談会

開場早々に来客があり、慌てたこともあったが、概ね好感をもってもらえたようである。

このような場所があれば、気軽に訪ねる人がいるのではないかと感じた。

 

・講演会

今回は、チラシの配布とともに、テーマに合わせて不動産オーナーに参加を呼びかけたので、アパートオーナーの参加が目立った。

内容は、アパート経営をするに当たっての心得が中心であり、これからアパート経営を考えている人、現在アパート経営を行っている人にとって貴重な話だった。多くのアパート経営者に聞いてもらいたい内容だった。

会員の中にもアパート経営をしている者が多く、会員にも大いに役立った。

今後の課題は参加者をもっと増やすことである。

 

127釜石フェア.png

127釜石フェア②.png

<宮古会場>

✽講演会  13:30~15:00   参加者/33名

「相続入門講座:講師/(一社)岩手県宅地建物取引業協会 研修委員会委員長 桑原伸行氏

✽不動産に関する相談会  15:00~16:00   相談者/2名

 

講演会に先立って、会場前では旗を立て、チラシ、ハトマーク入りポケットティッシュとタオルを配付し、“不動産の日”の宣伝を行った。

もう少し会員の集りぐあいが良ければ会場設営が楽だったなあと感じた。

講演会は、一般の方々は家族で参加していただいたのが印象的であった。会員共々、メモを取って真剣に聞き入っていた。

会員は営業のツールにするための勉強になったようです。

その後の相談会では、相談が2件だけでしたが、一つは山田町の方で、津波時の従前地の宅造工事がまだ完了していないので住宅を建築できない。売却し娘さんのいる他地域へ移住したいとの相談で、どのように探したらよいか、何時ごろ探したらよいか等であった。

不動産フェア2017宮古①.jpg

不動産フェア2017宮古②.jpg

不動産フェア2017宮古③.jpg

不動産フェア2017宮古④.jpg

不動産フェア2017宮古⑤.jpg

不動産フェア2017宮古⑥.jpg