<一関支部>
〒021-0008 一関市石畑7-51-1 (有)越後屋不動産内
TEL 0191-34-5677/FAX 0191-21-3036

定時協議会を開催

 岩手県宅地建物取引業協会一関支部第40回定時協議会が令和2年4月28日「世喜の一」に於いて会員35名(本人出席15名、委任状出席20名)出席のもと開催されました。

 事業計画では、研修会、定時協議会、懇親会の予定でしたが、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け緊急の対応が求められる中、定時協議会のみの開催内容と変更。感染予防の観点から、マスク着用・時間短縮・3密に配慮しながら行い、㈱アズマハウジングの鈴木社長に議長を務めていただき原案通り可決承認されました。

 今年度は、役員の改選期でもあり、新役員の皆様を紹介のみといたしました。早くコロナ禍が収束し通常の日常が戻ることを願うばかりです。

 

写真②.jpg

 

新春講演会と新年交賀会を開催

 令和2年2月6日(木)豊隆会館に於いて新春講演会を開催し、「働き方改革と経営リスク対策」と題して、株式会社TMC経営支援センター仙台支店長の有澤和修様よりご講義をいただき、26名が参加しました。近年、日本の労働市場において、労働人口減少に伴い、人材不足や過重労働での介護離職による生産性の低さなどの問題を取り上げ、今後の労務管理に参考になるような関係法や判例を実例に上げ企業にとってのリスクや経営にとってのリスクを学び合い、営業・サービス業に多いといわれている長時間労働に関しても従業者との関わりで働きやすい環境を整えていく事例を聞くことで考えさせられた場となりました。私たち不動産業にもあてはまる地域の場でもあり「人が集まる・人が定着する・人が育つ職場」を今後も作りながら、生産性向上や付加価値創造に取り組み、地域発展や経営体質強化を図ることに力を入れていきたいです。その後、新春交賀会を開催し33名が参加されました。新規入会の3会員の紹介もあり大歓迎会を兼ねた交賀会となりました。当支部会員の直面する状況及び諸課題について懇親を深め盛会のうちに終了となりました。

一関 写真.jpg

 

親睦ゴルフコンペを開催

 11月21日、一関カントリークラブにて、4組13名の参加者により、一関支部親睦ゴルフコンペがスタート。秋晴れの中、日差しが柔らかく、風もなく、最高のゴルフ日和で、コースのコンディションも良好な状態でプレーすることができました。一関支部では、開催するにあたってテーマを持ち目的を明確にすることで参加者へ広い告知を考えています。テーマ「ハトマーク・会員各社の認知度と好感度を上げよう!」とかかげ企画を考えています。ゴルフの経験者ありなし、上下は関係なく、ゴルフ初心者の方でも気軽に参加いただけるような交流をメインとした開催となっています。また、会員だけでなく関わる関係他社さんとの交流も深めたい!そんな幅広い活動を目的にご参加いただき、スペシャルゲストとして参加いただきチームでプレーしていただきました。最初から最後まで、参加者全員が楽しく和やかな雰囲気の中で過ごすことができ更に親交を深めることができました。次回のコンペもテーマを持って開催したいと考えています。

1-4.写真.jpg

親睦研修旅行を開催

 9月25日~26日、10名の参加者により、一関支部親睦旅行が開催されました。今年は宮城・山形方面へ出向き、「キリンビール仙台工場」「米沢市上杉博物館」「宮城蔵王キツネ村」等を見学してきました。参加者が年々少なくなる中でたくさんの会員の皆さまに参加してもらえるような企画を考えています。

1-2.写真.JPG1-3.写真.JPG

 

第39回定時協議会

 令和元年5月9日、ほうりょうに於いて、令和の元号になりはじめての事業が(一社)岩手県宅地建物取引業協会一関支部第39回定時協議会・研修会が開催されました。一関支部は、正会員40社、準会員9社でスタートし、支部長の挨拶ではじまり、令和元年度の事業計画・収支予算・支部規約改正など有効に成立されました。同日、講演会では、講師に一関市一関建設部都市整備課主幹、まちづくり推進部いきがいづくり課主査をお招き「一関市景観条例について」「空家バンクのこれからと取り組み」について情報提供をいただきました。宅建協会一関支部としての役割や、地域にふさわしい景観の形成を学ぶことで地域の特性にマッチングした今後の取り組みを確認できたこと、あらためて不動産業者としての役割を地域の活性化へつなげていきます。また、空家バンク事業の改善項目を提言していただき、仲介業者登録を今後もふやしていくために必用な事項を一関市と共に情報を共有しながら仲介依頼者に少しでも対応しやすいように課題解決していこうと意見交換できました。

一関2.jpg一関3.jpg

研修会・感謝状贈答式・懇親会

平成30年12月4日 参加 会員21名 来賓5名 於:ほうりょう会館

16:00~ 研修会 一関市・商工会による今後の展望

17:00~ 感謝状贈呈 前支部長 事務局の2名へ感謝状

17:30~ 懇親会

研修会では、宅建協会との取り組みが今後必要であること。農地の取得要件の暖和と空家バンクの今後の取り組みについて確認できました。また、空家相談会についても積極的に一関の方でも開催を重ねていく事で宅建協会との協力をさらにお願いしたい。また、空き店舗については、店舗入居支援補助金について活用をすすめながら空店舗対策に取り組んでいくことで活性化をはかりたい事の意欲を説明いただきました。感謝状贈呈前支部長支部の事務局としての2名へ感謝状も同時に行いました。

一関 1研修会.JPG一関 2感謝状贈答式.JPG一関 3懇親会.JPG

 

新春講演会・新年交賀会

平成31年2月5日 (火) 参加 会員19名 来賓4名 於:ほうりょう会館 

16:00~ 新春講演会 講師「オフィスイーハトーブ」代表 佐藤まゆみ

演題  「所作と言葉で知る人の魅力」副題 モテる人、おいしい人

17:30~ 新春交賀会 

講演会では、あらためて、こんな事知らなかった、常識?非常識?分かっていたような事でも身近なちょっとした気づきの中で聞けなかったような接遇・おもてなし・接客営業・礼法などビジネスマナーの教養研修を行った。国際プロトコールについても、私たち日本人としての考え方と国際的な考え方の違いも学ぶことができました。

 

 

不動産フェアを開催

 10月20日~21日、一関総合体育館(Uドーム)において、一関地方住宅政策推進事業「住宅祭2018」一関市内の住宅関連業者、ハウスメーカー、設備機器取扱業者など42事業者・10団体が出展する中、宅建協会一関支部も例年同様支部会員の大多数の協力のもと参加して「不動産フェア」を開催し、多くの人でにぎわいました。

 住まいやまちづくりに関連する知識と情報を広く提供したい。良好な住宅の供給、住環境の形成を図ることをアピール。私たち一関支部の活動のテーマは「宅建協会(ハトマーク)の認知度を上げよう!」でした。

 さまざまな工夫をこらしお楽しみ企画・不動産寸劇・ミニセミナー・会員紹介PRスライド・無料相談コーナーなど楽しめる不動産フェアとなりました。

 アンケートから2日間で約500名の来場者があり、ふれあいがあったことが確認できました。

131 一関支部写真 不動産フェア2.JPG

131 一関支部写真 不動産フェア1.JPG

研修視察旅行を開催

 9月11日~12日までの2日間、研修視察旅行を開催しました。

 「接客・接遇を学ぶ」をテーマに、2016年プロが選ぶホテル日本一になった福島県母畑温泉「八幡屋」に宿泊し、各種スタッフの役割分担や接客技術を研修しました。

 福島県内の商業施設「アクアマリンふくしま」、「ブリトマート(旧三春ハーブガーデン)」、「高柴デコ屋敷」を見学し、ディスプレイ・接客技術を研修しました。

 新役員を含め支部会員12名が参加し、懇親を深めた2日間でした。

131 一関支部写真 研修旅行.JPG

定時協議会開催

 5月9日(水)豊隆会館で第38回定時協議会を開催しました。

 29年度事業報告、収支決算書が原案通り承認され、役員改選で新支部長に㈲越後屋不動産 大桃社長が互選、選出されました。

 終了後には一関市役所都市整備課の方を講師にお迎えし【開発許可行為について】を演題に研修会を実施し、実務についての勉強を行いました。

 研修会後には長田一関副市長、神崎浩之県議、佐藤浩市議をご来賓お迎えし懇親会を開催し、新支部長のもと、今年度の活動について意見を出し合い親睦を深めました。

129 一関支部.jpg129 一関支部②.jpg