<北上支部>
〒024-0061 北上市大通り二丁目8-1 (有)太成不動産内
TEL 0197-65-0431/FAX 0197-65-0442

 7月7日(火)午後6時から令和2年度第1回研修会(参加27名)及びビアパーティー(参加24名)を開催しました。

 コロナ禍により、参加者全員マスク着用を義務付け、受付時には、非接触型の体温測定と最近の行動履歴の聞き取り、眼鏡型フェイスシールドを配布し、テーブルも参加者が直接向かい合わないよう配置しました。

 研修会の内容は、第1部に「持続化給付金、無利子融資、家賃支援給付金等について」と題して、北上信用金庫総合支援部の山田氏よりご説明をいただき、第2部には「民法改正施行後のトラブル等(連帯保証人)について」と題して、アーク㈱佐藤氏よりご説明をいただきました。どちらもホットな話題であり、丁寧な講演で興味深く拝聴しました。

 主催者側としては、コロナ禍の開催で参加者が少ないのではないかと危惧しておりましたが、ビアパーティーも盛況のうちに終わり、クラスター発生に至らなかったことを安堵しております。

写真.JPG

 

定時協議会を開催

 4月20日(月)午後2時から、さくらホール会議室に於いて開催しました。

 本年は、新型コロナウイルス感染拡大防止により、恒例の懇親会を自粛した形を取りました。正会員43名中、出席正会員11名、委任状出席正会員26名、計37名出席のもと、協議会を開始し、報告事項・決議事項とも原案どおり承認されました。また、本年は任期満了に伴う役員改選期であるため、支部規約に従って決定し、支部長には伊澤哲雄氏、副支部長に千田眞氏と佐藤功氏。幹事に藤原章裕氏、髙橋伸夫氏、高橋由紀子氏、舞草孝氏の7名体制となります。

 事業計画の通りドローン、地域の地形と災害を知る、研修旅行、不動産フェア等、支部研修の充実を図り、消費者に信頼される良き相談相手となるよう、努めたいと思います。

写真①.JPG

 

 令和元年12月10日、忘年会に先立ち研修会を開催し、支部会員38名が参加されました。「ドローン活用による建物管理等」と題して、ドローンスクール金ヶ崎校の千葉信明氏よりドローンに関する法的規制及び活用事例等を紹介いただいた後、会場内にてドローンの飛行操作の実演をしていただきました。参加者のほとんどがドローンを実際に目にするのも初めてという中、操作経験者2名が操作に続き、全くの初心者である会員も少しだけ操作させていただきました。素人でも比較的安易にかつ、安全に操作できるものであることが分かり、参加者一同、久しぶりに目を輝かせた一瞬でした。その後、忘年会に移り「北上市高齢者見守り安全ネットワーク事業」についての報告と、新入会員を紹介いたしました。飲むほどに酔うほどに、先程のドローンの話とビンゴゲームで盛り上がりました。また、令和2年1月24日には北上市三団体合同新年交賀会があり、支部会員も多数参加し、多団体とも大いに親交を深めました。

②DSC_07861.jpg

 

ベトナム縦断視察研修

「ベトナムの住宅事情」をテーマに1123日から56日の行程で視察研修を行いました。簡単ですがその様子を掲載させてください。ベトナム最大の都市ホーチミンは商工業の街、ダナンは中部観光の拠点地、首都ハノイは政治の中心として、それぞれ発展を遂げています。特にホーチミンは外資系企業の工場進出に合わせた近隣農村部からの人口流入により、日本でいうマンションの価格が50%近く上昇し、建設ラッシュとなっています。併せて、長期ローンの取り扱いを始めたのですが、公務員や外資系企業の社員に限られ、平均年収が低い労働者の自宅購入は一生かかっても不可能のようです。我々の活動拠点とする北上市周辺も、大規模な工場誘致により、人手・住宅不足が慢性的な課題となり、昨今は東南アジア系の労働者もかなり散見されるようになりました。より一層の高収入と暮らしの充実感を求めて、母国から日本に来るのだと実感させられる次第です。この視察研修により、異文化の端緒に触れ、非日常を体験し、我々の住むこの国の良さを再認識する事ができました。

 

3-2.写真.JPG

 11月28日(木)北上市役所本庁舎において調印式に出席し、「北上市高齢者見守り安心ネットワーク事業協定書」を締結しました。行政と民間が連携し高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことの出来る社会を目指し、見守り体制が強化されその輪が広がるよう会員と共に取り組んで行きたいと考えています。

2-2.写真.pdf

 

不動産フェアを開催しました

 9月23日(月)午前10時から午後3時まで江釣子ショッピングセンターパルに於いて、当支部会員8名でハトマークPR活動を行いました。今回は、北上市都市計画課主催の「空き家対策無料相談会」と同市長寿介護課主催の「介護なんでも相談会」を併設した事もあり、PR商品が瞬く間に品切れとなり大盛況でした。いずれも相談される方は、年々増加傾向にあり、今後もこのイベントを定着していきたいと考えております。

1-2.写真.JPG

研修会・ビアパーティーを開催

 7月23日(火)午後5時30分よりブランニュー北上に於いて、支部研修会・ビアパーティーを開催致しました。 研修会参加33名、懇親会30名参加。研修は、北上市役所副市長及川義明氏を迎え、北上市共同住宅等建設促進事業補助金の発表に伴い「北上市の現状について」プロジェクターを駆使し、大変分かり易い講演を受け有意義な時間となりました。人口統計に基づく税収と予算編成では、現在東芝メモリとトヨタ東日本による経済効果が見込まれ、北上としては、当面東芝メモリおよび関連する企業立地により税収増が計られ市の発展が予想される。しかしながら、北上市の人口動態、推移によれば2015年93,511人から徐々に減少し30年後の2045年度には、78,235人と予測され、厳しい人口減になりつつあるという少子高齢化は見逃せません。また当日は、金ヶ崎町建設課菅原課長より、金ヶ崎町への移住定住促進に向けた補助金制度について説明がありました。懇親会では、次回の海外研修の話題に及び、副市長も交え、市への質問が飛び交う中、例年通りのビンゴ大会はいつもどおり、大いに盛り上がりました。

1.北上支部 研修①.JPG3.北上支部 懇親会②.JPG

定時協議会を開催

 423日(火)午後5時からブランニュー北上に於いて、(一社)岩手県宅地建物取引業協会北上支部第48回定時協議会を開催しました。正会員44名中、本人出席21名、委任状による出席による出席16名、計37名出席の下、協議会をスタートし報告事項、決議事項とも原案通り承認されました。その他として、「不動産会館のあり方についての支部会員の意見収集の件」を提案しましたが、この件については、期限を定めず、意見或いは要望を聴取することとして閉会。その後、懇親会へ。冒頭、支部長より不動産会館のあり方についてと、令和元年度における当支部会員の直面する状況及び諸課題について懇談して頂きたい旨、挨拶がありました。少々お堅い内容の挨拶ではありましたが、お酒も入り、時間とともにいつもの北上支部らしい和気藹々とした雰囲気となり、さあこれからという時に終了時間となりました。

133.北上支部1.JPG133.北上支部2.JPG

 

プチコンサートと忘年会を開催

 12月11日(火)午後5時30分からホテルシティプラザ北上に於いて、プチコンサートのあと忘年会を開催しました。コンサート参加者50名(内、会員外18名)、忘年会参加者36名。従来、忘年会の前に研修会を実施しておりましたが、今回は趣向を変えてプチコンサートにしてみました。ピアノ(那須川女史)、フルート(牧野女史)をお迎えし、グノーの「アベマリア」他5曲、アンコールはサンサーンスの「白鳥」を演奏して頂きました。普段馴染みのない、クラシック音楽、生のピアノとフルートのアンサンブルは、喧騒な日々の中で、胸に染入る様な感銘を参加者全員が共有しました。お二人には我々でも聞き覚えのある選曲をして頂き、感謝申し上げます。その後の忘年会の席に於いても、清々しい気分のまま、懇談いたしました。当日は、支部長がインフルエンザB型で倒れるハプニングの中、支部幹事が一致協力して何とか乗り切りました。

 

 

不動産フェアを開催

 9月23日(日)午前10時~午後4時まで、江釣子ショッピングセンターパル「ジョイスタジオ」において、不動産フェアを行いました。

 ここ数年、予約制の北上市都市計画課主催の「空き家対策」と不動産無料相談会を同時開催(別々のスペース)して参りましたが、今回は、同一スペースにて「空き家対策」と不動産無料相談会(飛び込み客を中心に)を開催しました。

 これまで相談者は高齢者が多かったことから、北上市長寿介護課の応援もいただき「高齢者暮らしの相談会」も併せて開催しました。

 数は少ないものの、相談に来られた方の中には、必要書類一式を持参される方もおりました。

 今後も、このように北上市とタイアップして、PR活動と相談会を継続出来ればと思います。

131 北上支部 不動産フェア写真.JPG