トップページ > 開業までの流れ

開業までの流れ

保証協会に加入することにより、1,000万円の営業保証金を供託しなくても60万円の弁済業務保証金分担金を納付することにより営業できます。

 

image_flow.jpg

 

 

①最寄りの広域振興局土木部又は土木センター建築指導課へ免許申請※

1.免許申請書を入手します。
 (岩手県庁ホームページよりダウンロードできます。)
2.免許申請に必要な書類を揃えます。
 (登記されていないことの証明書、身分証明書、法人の場合は登記事項証明書等)
3.最寄りの広域振興局等へ免許申請書一式を提出します。

 

 

 

②入会の申し込み※

1.入会申込書一式を宅建協会事務局でお渡しします。
2.入会申込書に必要な書類を揃えます。
 (受付印のある①の写しを添付します。)
3.所属する支部に入会申込書一式を提出します。

 

※上記①と②は並行して行ってください。

 

 

 

③入会承認

所属する支部にて、入会審査を受けます。(代表者・専任取引士出席)
支部審査後、県本部の宅建協会理事会・保証協会幹事会で審議して結果をお知らせします。

 

 

 

④宅建業免許の通知

免許権者(県庁)の審査等が終わりましたら免許番号の通知(ハガキ)が郵送されます。
受領したら、事務局へお知らせ下さい。入会金・分担金等金額のご案内を送付します。

 

 

 

⑤必要経費の納入

入会金・分担金等納入します。(現金ご持参、もしくはお振込み)

 

 

 

⑥社員加入報告及び弁済業務保証金分担金供託届出書等の交付

供託手続き完了後、社員加入報告及び弁済業務保証金分担金供託届出書・供託書・会員名簿等を交付します。

 

 

 

⑦宅地建物取引業者免許証の交付

上記⑥で交付された書類一式を最寄りの広域振興局等へ提出すると、免許証が交付されます。
以降、宅建業を開始することができます。

 

 

 

不動産開業支援セミナーの開催

 不動産業開業に興味のある方や、現在不動産業に従事して将来独立開業をお考えの方などを対象に開業支援セミナーを年2回(主に7月及び12月)開催しています。
 詳細が決まり次第、新着トピックスに掲載します。